スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.05.09 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ごめんなさい。1回飛ばして、後期4回目

    0

      長袖を着ることが多くなってきましたね。

      季節は秋に向かって一直線?

      暑いのが嫌いな自分にとっては良い季候

      なんですけど。皆さんはどうですか?

       

      3回目の授業写真が撮れてなくて申し訳

      ないですゆう★

      なので4回目の授業風景をお送りします。

       

      今回は前回までの「タルト」「冷菓」

      から、前期内容の復習をテーマに進め

      ていきます。

       

      CIMG7183.JPG

       

      「パリブレスト」

      フランスの地名が付いたシュー製品です。

      オリジナルはアーモンドのプラリネペースト

      を使ったバターとクレームパティシェールを

      混ぜたクレームムースリーヌを使っているの

      ですが、今回は学校オリジナルで生クリーム

      とクレームパティシェールの2層で仕上げて

      います。

       

      CIMG7184.JPG

       

      「抹茶ロール」

      日本のオリジナル洋菓子ですね。

      前期の実技試験はロールケーキでしたから、

      学生達も慣れたものですよね?

       

      CIMG7185.JPG

       

      「バナーネン クーヘン」

      フレッシュなバナナとローストしたクルミが

      入ったバターケーキです。

      今回は小さいパウンド型を使用して焼き上げ

      ています。

       

      CIMG7188.JPG

       

      今日のメイン担当の先生は、

      2学年Kクラスの担任・尾崎先生ですきらきら

      背が高くて力持ちなナイスガイ筋肉

      尾崎先生が教卓で抹茶のシートスポンジの

      仕込み方を教えてくれていますき

       

      CIMG7194.JPG

       

      前期の内容なので学生達も問題なく仕込み

      終えて、クリームをナッペして巻いていき

      ます。

      内堀さんがクリームを手早くナッペしてい

      ます手

       

      CIMG7204.JPG

       

      均一にクリームがナッペし終わったら、抹茶に

      良く合う素材の小豆大納言を散らしていきます。

      王さんが作業中ですonpu03

       

      CIMG7205.JPG

      CIMG7207.JPG

       

      (上)吉田くんが巻く作業中onpu03

      (下)永井さんも巻く作業中ですヤッタv

       

      CIMG7209.JPG

       

      大関さんが巻き終わり、横からちゃんと巻けて

      いるか、王さんが確認しています。

       

      CIMG7191.JPG

       

      こちらが尾崎先生が巻いているところ。

      違いが分かりますか?

      横から少しクリームがはみ出ているんです。

      端までクリームが入っていないと、カットした

      時に仕上がる製品数に差が出てしまいます。

      学生達もしっかり復習しています。

       

      CIMG7195.JPG

      CIMG7200.JPG

       

      焼き上がったパリブレストのシュー生地を

      オーブンから出している自分(中村)と

      神田さんとの1コマふふっ。

      パリブレストはリング状をしています。

      元はパリ・ブレスト・パリと呼ばれるパリと

      ブレスト(フランスの西部にある軍港都市)

      の間を自転車で競うレースの為に沿道の菓子

      屋?パン屋?で考案された自転車の車輪を模

      したお菓子と言われています。

       

      CIMG7211.JPG

       

      こちらはバナーネンクーヘンの生地を型に

      絞り込んでいる細海くんです。

      作業している姿もしっかり安定しています。

       

      計りで重さを確認しながら右手で生地を絞り

      出し、絞り袋の先端を左手でコントロールし

      ながら生地を均等に均しています。

      入学してから半年ですが、しっかり成長して

      くれていますきらきら

      流石前期Dクラスのクラス委員長をしてくれ

      ていただけのことはありますね〜矢印上

       

      CIMG7220.JPG

       

      焼き上がったバナーネンを包装しています。

      学校では簡単な包装をして持ち帰るように

      しています。

       

      今回は製品でないのですが、シューケースだけ

      を仕込んで焼成しました。

       

      CIMG7233.JPG

       

      配合の違いで6グループに分けて仕込み焼成を

      して、出来上がりの状態を比較検討してみます。

      A〜Fの6種類で油脂(バター・ショートニン

      グ・サラダ油)薄力粉・強力粉・水・牛乳・砂

      糖を添加などの違いです。

       

      CIMG7234.JPG

      CIMG7238.JPG

      CIMG7236.JPG

       

      学生達も、一つずつ触ってみたり食べてみたり

      違いを確認していますね。

      材料が違うことで色や味・食感が変わることを

      感じてくれたみたいです。

      製品を作るだけではなく、実験的な事も製菓で

      は重要です。学校ならではですね。

       

      今回はこの辺りで失礼いたします。

      担当はDクラス担任の中村お送りしました。

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.05.09 Wednesday
        • -
        • 14:46
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM