シュー ア ラ クレーム〜Dクラスの場合〜

0

    連休を挟んだので、学生達も折角覚えて身

    につけた感覚が鈍っているようですね_| ̄|○

    今回の担当教師はハイテクニカル科担当の

    酒井先生ですきらきら

    前回まではスポンジを勉強していましたが

    新しい項目へ進みます。

    シュー生地の硬さを確認しています。

    シュー生地は卵を加えすぎると柔らかくな

    って、膨らまなくなってしまうので注意が

    とても必要です。

    谷口さんの作業を見守る、依さんグッド

    ポーズをとっているのは、大島さんです。

    じゃなくて「小島だよびっくりびっくりびっくり」の小島さんマジで

    真剣に絞る、高橋さんゆう★

    真面目に絞る、大島さん

    「小島だよびっくりびっくりびっくりペコちゃん

    均一に絞れたら、オーブン前で霧吹きで、

    生地の表面に水を吹きかけます。

    これはオーブン庫内で表面が先に焼き固まる

    を防ぐためです。

    準備が出来たらオーブンへ釜入れします。

    毛さんと李さんゆう★

    オーブンに入れて1分の状態

    まだ変化無しです。

    オーブンに入れて12分の状態

    膨らんできました。最終的な大きさの7〜8

    割くらいの大きさですね。

    オーブンに入れて25分の状態

    完全に膨らみきった状態です。あとは5〜7

    分くらい排気口を開けて乾燥焼きをします。

    こちらが学生達が作ったシューケースです。

    1段ごとに違う学生班のケースですが、ほと

    んど違いが見られないです。

    最初の授業としては凄いことです。

    失敗する学生班が有りそうな感じはしたので

    すが、Dクラス優秀です。

    別に担任だからとかじゃ無いんですよあ

    焼き上がったケースに切れ込みを入れている

    ところです。朴さん、真剣ですふふっ。

    クリームを絞り込む陳さんきらきら

    粉糖で仕上げをする平野さんゆう★

    最後の1枚は大島さん(小島さん)ですペコちゃん

    クリームも絞る量や口金の差し込む位置等で

    も仕上がりが変わるんですよ。

    何回も作業を重ねながら覚えて下さい。

    完成品はこちらき

    シンプルですが日本人の好きな洋菓子トップ3

    に入る実力は分かりますね。

    まだ入学してから3回目の洋菓子です。これか

    らまだまだ勉強することが増えるので、頑張り

    ましょう手

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.05.09 Wednesday
      • -
      • 15:42
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM